納骨堂を「お墓」に

woman wearing funeral attire

納骨堂を探しているならこちらのサイトをチェックしましょう!安心して利用することができますよ!

昔から、墓地がわきにあるお寺には、敷地内に「納骨堂」と呼ばれる施設がありました。読んで字のごとく、お骨を納めるお堂であり、いわば一時的な「保管場所」として使われてきたものです。納骨堂にお骨を納めておいて、お墓が建つまで待つ、ということが昔は行われていたわけです。
しかし今、そんな納骨堂の使い方が変わってきています。特に地方から多くの人が訪れて住む大都市には、一時的に保管するだけでなく永久的にお骨を納める場所として、いわばお墓そのものとして利用できる納骨堂が増えているのです。
単にお骨を納めるためのスペースがあるというのではなく、そのほかにもさまざまな設備が整い、快適な永眠空間が形作られています。
文化というモノは時代とともに変遷し、たとえば「埋葬」の文化も昔から見れば大きく変わりました。現代の納骨堂は、そんな時代の変遷を映し出す「鏡」でもあるのです。

ここではそんな納骨堂についての基本知識をお届けします。納骨堂の探し方や、納骨堂で供養されるということについて、さらに多様化する納骨堂の使い方について。また、都市部でこのスタイルの「お墓」が増えているということの理由についても、取り上げていくことになるでしょう。
最近は、自分の行く末について自分で生前から考えておくためにさまざまな取り組みを行う「終活」が流行っています。
納骨堂についての基本知識を提供する当サイトも、そんな終活に役立てていただければ幸いです。