誰でも入れる納骨堂

wooden round beads

「お墓に入る」ということは、個人的なことであると同時に、宗教的なことでもあります。各宗教に固有の埋葬方法、固有のお墓というものがあります。
たとえば私たちに馴染みの深い仏教の場合は、火葬して骨壺にお骨を納め、お墓に納めるということになっています。
ちなみに「火葬しなければならない」というのは法律で決まっていることでもあります。そのほか、キリスト教にもイスラム教にも、固有の葬儀や埋葬のやり方があります。
とはいえ現代は昔ほど、宗教というものに対するこだわりを持つ人は少なくなっています。まったく何も信じていない、という人も少なくないでしょう。
そんな人の場合、たとえばお寺の檀家になってお墓を建て、時にはお寺に対して寄付などをしながら過ごす、というのは言ってみれば「無駄なこと」とも言えます。

納骨堂は、そんな人にはうってつけの施設だと言えます。一応、納骨堂という施設の成立過程があるので仏教が基本になってはいますが、納骨堂は宗教に限らず、そして同じ仏教の中でも浄土真宗とか真言宗とか、あらゆる宗旨に限らず、入ることが認められている施設です。キレイに整備された施設に、望む人が入ることができる。それが、納骨堂というものなのです。
もちろん「檀家」になって寄付をしたりという必要はありません。納骨堂に入るとき、そのための費用を支払うことのみで手続きは終了です。
特に宗教にこだわりがない、という方は検討してみてはいかがでしょうか。