納骨堂の探し方

funeral signifies the transition

お骨を納める設備を中心に、そのほかにも葬儀や供養に関するさまざまな設備を整えた納骨堂が、増えています。
従来のようにお墓に眠るのではなく、納骨堂で永の眠りのときを過ごすという方法を選ぶ人が増えています。特に都市部では、このムーブメントがひそかに熱を持っているようです。なぜ都市部で?という疑問を持つ人も多いでしょうが、逆に「わかる」とうなずく人も多いのではないでしょうか。
たとえば地元から出てきて都会の街で生活の基盤を築き、人生の黄昏にさしかかった人……彼が思うのは、地もとのお墓に眠ることでしょうか。
中には、地元よりは長く生活してきた都会のほうに愛着を感じ、ここで眠りたいと願う人も多いのではないでしょうか。特に都会にはそういうケースが多いので、納骨堂の役割も大きなものになっているのです。
では実際、どこに納骨堂はあるのかというと、たとえば東京都心のガヤガヤした繁華街のようなところにはありません。
東京をはじめ、日本の都会には繁華街があるのと同時に、必ず緑があり、休日の昼間でも静かな空気が流れるようなエリアがあるものです。そのような街を探してみると、納骨堂は見つけることができます。
また、最近では納骨堂を運営するお寺などがネット上にホームページを持ち、施設を紹介しているというパターンも増えています。
そういうところを参考にすると、良い納骨堂を見つけることができるでしょう。「見学」が可能なところもあるので、気になるところが見つかったら申し込んでみるのもオススメです。